【2022年度】簡単にできる夏休みの自由研究。小学生高学年におすすめ5選!1日で出来るものも

夏休みの自由研究 小学生高学年 子育て
夏休みの自由研究5選 月の観察 小学生高学年 
子育てパパ
子育てパパ

子どもの夏休みの宿題、いつも何をするか悩んでギリギリになって大変なんだよなー。今年こそは早めにサクッと終わらせて欲しいよ。そのために親からも情報提供したいんだけど、何かあるかな?

angel
angel

お子さんは小学校高学年だったよね。お子さんの興味があることを一緒に調べられたら楽しいよね。私のオススメ5つも参考にしてみて、今年は楽しく自由研究してねー

夏休みの宿題で一番頭を悩ませるのは。自由研究ですよね。

1日でサクッと終わらせてもいいですし、せっかく時間のある夏休みですから、親子でじっくり楽しみながら取り組むのもいいですよね。

そこで、小学5年生〜6年生のお子さんにオススメの自由研究をご紹介していきます。

夏休みの自由研究 小学生高学年におすすめの研究5選!

月の満ち欠けを調べてみよう!1日で出来るキットも!

理科の授業でも月の満ち欠けについて学んでいるので、興味を持っているお子さんも多いはず。
わが子も、なぜ月の大きさが変わるのか、興味津々でした。

月の満ち欠けを自由研究にする場合、2つの方法があります。

・月の満ち欠けを再現できるキットを使う方法
・実際に月を毎晩観察してまとめる方法

月の満ち欠けを再現するために、月、太陽、地球をつくり、どのように月が満ち欠けしているように見えるのか、手作りして実験し、その結果をまとめる方法があります。

一から手作りするのは大変という場合は、月の満ち欠けの実験キットというのが販売されていますので、それを使うと更に簡単です!

キットを使って実験して、それをまとめるという場合は、1日でも立派な自由研究ができますよ。

また、月の満ち欠けだけでなく、日の出と日の入りの時刻を追って観察する方法もあります。
月の出、月の入りの時刻、登る場所や沈む場所を観察し、
変化したことなど気づいたことをまとめます。

わが子は、実際の月を観察して自由研究を作りましたが、
天気が悪いと月が見えないし、忘れていて観察できなかった日もありました。

実際の月を観察する方法は、毎日続ける根気がいるし天気にも左右されるし、
なかなか難しかったですが、観察できなかった日の分はネットで検索したり
予想したりして、まとめる力が身に付いたと思います。

キットを使った実験と、実際の月の観察をセットにしてまとめると、上手くまとめられそうですね。

月や星に興味があるお子さんでしたら、ぜひチャレンジしてみてください。

SDGsを考える!生ごみコンポストで堆肥づくり。簡単キットも!

今学校では環境教育の一環として、ゴミの問題を授業で扱っているようで、
生ごみの処理の問題は、小学校3年生でも知っているようです。

生ごみを制すれば、「ごみ」を制す なんて言われるくらい、
一般家庭から出るゴミの中で、「生ごみ」の占める割合は大きいです。

その生ごみは水分を多く含んでいるため、
燃えるゴミとして出されると、焼却するために多くのエネルギーが必要になります。
多くの自治体では生ごみを燃えるゴミとして出される量を減らそうと、生ごみを処理する「コンポスト」の利用が推進されています。

そこで、この夏はお子さんと一緒に生ごみコンポストに取り組み、それを自由研究にしませんか?

まず、お住まいの地域で、コンポストについての助成があるかどうかを調べてみましょう。
積極的に推進している地域と、あまり動いていない自治体がありますので、
住んでいる地域の環境に対する姿勢が見えるというのも、面白いと思います。

そして「夏休みの自由研究」としてオススメのコンポストは、

【段ボールコンポスト】 です。

その名の通り、段ボール箱に土を入れて、生ごみコンポストを作ります。
段ボールコンポスト作りのワークショップを自治体が開いているところもあります。

夏休みの間、毎日生ごみをコンポストに入れて、どんなゴミが何日くらいで土に戻ったか、どんなゴミがなかなか無くならなかったか、などを観察して日記をつけましょう。

なぜ、生ごみが消えてしまうのか、微生物の活動についても、ぜひ調べてみて欲しいです。

夏休み前半でコンポストの研究をして、後半は、そのコンポストでできた堆肥を使って、プランターで野菜作りまでして観察できれば完璧!!

ミニトマトやラディッシュなどは成長が早いので、夏休みの間に育てることができるはず。
たとえ枯れてしまったとしても、それを記録して、なぜ枯れてしまったかを考えてみるのもいいですよね。

ちなみに、我が家は「LFCコンポスト」という市販のコンポストを利用していますが、ここから夏休みの自由研究用のキットも販売されています。
子ども向けの動画解説もついています。

LFCコンポストと、段ボールコンポストの比較をまとめるのも面白そうです。

生ごみコンポストで生ごみも減って、環境問題も考えられて、野菜も育てられて、夏休みの宿題もできて一石四鳥ですね。

私も今年は、子どもと一緒にコンポストの研究をしようと思っています。

身近な食品添加物について調べてみよう!【1日でもできる自由研究】

身近な食品に含まれている、食品添加物について調べてみましょう。
食品添加物の実験をするイベントもよく開催されていますので、
近くでイベントが開催されていないか探してみましょう。

家で1日でもできる実験としては、「合成着色料」を調べる実験がおすすめです。
美味しそうなカラフルなお菓子には、どんな着色料が使われているのか。
その着色料は体に良いのか悪いのか?
ぜひ親子で調べてみてください。

また、夏休み中の約2ヶ月を使って実験するなら、
保存料の実験もできます。

小学生が山崎製パンの「ランチパック」を2ヶ月間、常温で観察してみたという実験はTwitterで発信されて話題になりました。

私たちの身近にある食品の添加物は、何のために入れられているのか、
安全性はどうなのか?

ぜひ調べて実験して、感じたことをまとめてみましょう。

川の石を観察してみよう!【石が好きな小学生におすすめ】

お子さんは石がお好きですか!?
わが子は石が大好きでした笑
どこか行くたびに石を拾ってくるので大変でした。

そんな石好きのお子さんにおすすめなのが、川の石を観察するというものです。

川の上流の方の石を観察し、そこから徐々に海に下って行きながら、石がどんなふうに変化するかを記録し、感想をまとめます。

これは私の娘の同級生がやっていた自由研究だったのですが、すごく細かく記録されていて、まとめ方もしっかりしていて、賞をもらっていました。(何の賞だったかは忘れましたが)

子どもだけで川の上流から下流まで歩いていくのは危険ですので、保護者の方と一緒に行く必要がありますが、親子で川遊びもできて、一石二鳥ですね。

石好きのお子さんにぜひチャレンジして貰いたい自由研究です。

LINEスタンプ作りに挑戦!簡単に作れるて、販売すれば収入にも。

夏休みの自由研究として、ピクセルアートを「NFTアート」として販売しって380万円もの値段になったという話題を聞いたことがある人も多いと思います。

ピクセルアートをフリーマーケットに出す感覚で、NFTアートとして売ってみたら想像以上に高値がついて、小学生にして大人気アーティストになりました。

NFTはブロックチェーン技術を使ったデジタル資産で、メディアがちょうど話題にし始めていたことと、夏休みの自由研究が、380万円になった!という話題性で一時期はかなりテレビで紹介されていました。

私もやってみよう!子どもの絵を売ってみよう!

と思った方も多いはず。

でもNFTはブロックチェーン技術を使う仮想通貨を使うため、一般的にはかなりハードルが高いと思います。

そこでオススメなのは、「LINEスタンプ作りで自由研究!」です。

LINEスタンプ作りは割と簡単にできるので、iPadなどタブレットでお絵描きをするお子さんにオススメです。

LINEスタンプ作りのために、スタンプの絵を描くソフトですが、オススメは「アイビスペイント」という無料でも使えるものです。

LINEスタンプを作成するためのキャンバスも用意されているので簡単にLINEスタンプ用の絵を描けます。

LINEスタンプとして販売するためには、最低8個のイラストが必要です。
静止画を、8個、16個、24個、32個、40個 で登録できます。

40個の絵を登録するほうが買う側はお得感があるので40個で登録する人が多いですが、自由研究で作る場合は、お子さんが描けた数で販売しましょう。

8個でも登録してみる様子や感想をまとめれば自由研究になりますし、40個作るぞ!と楽しめるお子さんは、ぜひ40個描いて欲しいです。

描いた後の登録作業は、最初は保護者の方と一緒に作業して、慣れたらお子さん自身でできるかも知れません。

我が家は、10歳だった娘と一緒に登録作業をしたら、次のLINEスタンプは娘が一人で登録作業までしてくれました。

ちなみにNFTと違って、LINEスタンプの場合は、よほどバズって大量に購入されないかぎり、「がっつり稼ぐ」というのは難しいと思います。

LINEスタンプ120円が1個売れても、LINEスタンプのアーティストに入る金額は30円とごくわずかなためです。

なので、NFTアートのように380万になるような夢はないですが、みんながよく使っているLINEのスタンプを作れたということが、子どもの自信に繋がります。

絵を描くのが苦手なお子さんだったら、写真を使ってLINEスタンプ作ることもできます。
自分の写真のLINEスタンプとか、飼ってるペットのLINEスタンプなどおすすめです。

まとめ

今回は小学生高学年におすすめの自由研究として、
・月の満ち欠けの観察
・生ごみコンポストの研究
・食品添加物の実験
・川の石の観察記録
・LINEスタンプ作り

をご紹介しました。

わが家は今年、生ごみコンポストの研究をやってみます。

夏休みの自由研究は、自由に研究することが大切なので、子ども本人が興味を持ったことを楽しみながらできるといいですよね。

Have a good Summer vacation!

コメント

タイトルとURLをコピーしました