美味しいバナナを長持ちさせる保存方法は?常温?冷蔵?冷凍保存?

フルーツ

栄養たっぷりで美味しくて、皮を剥くのも簡単!
手軽に食べられるので、朝食に、おやつに、夜食にと大活躍のバナナ。

そんなバナナですが、買ってきて数日したら真っ黒になってしまったという方も多いと思います。
そこでバナナを美味しくもっと長持ちさせる方法をご紹介します

2 常温保存で追熟!
3 冷蔵保存するときのコツは?
4 冷凍でもっと美味しく長持ち

バナナの追熟方法

バナナは熱帯で育つ果物ですので、寒い場所は苦手です。
追熟させたい場合は、15度以上の風通しのよいリビング等で保存しましょう。
直射日光は当たらない場所のほうがよいです。2 常温保存で追熟!

お店で並んでいるバナナは、程よく熟した黄色い状態のものが多いですよね。
そういったバナナは、すぐに美味しく食べられますが、もう少し甘くて柔らかいバナナがお好きでしたら、しばらく常温(15℃以上)に置いておき、シュガースポットと呼ばれる黒い斑点ができるまで追熟させます。

ネットショップやフリマアプリで、青い状態のバナナを購入できることも増えてきました。
そのような場合は、お店で買う時と違い、青い状態から追熟させるため、食べられるまでに少し時間が必要です。
温度が低くなりすぎないように注意して、15度以上の直射日光が当たらない風通しの良い場所で追熟させましょう。

どちらの場合も気をつけたいのが、丸みのある背中側を上にして、山形で置いておくことです。
背中側を下にしておくと、そこが圧迫されて黒くなってしまいます。
房になっているバナナは、紐で吊しておくのもおすすめです

房の状態で保存すると、追熟が早まります。理由はバナナが自ら発生させているエチレンガスです。
エチレンガスとは植物ホルモンの一種で、果物を熟成させるため、成熟を早める効果があります。
また、成熟が急に進みすぎると劣化の原因にもなります。

房の状態だとバナナ同士が密接しているため、お互いのエチレンガスの影響で早く成熟します。
そのため、ある程度成熟したら1本1本に切り離して、ラップに包んだり保存袋に入れるなどして保存するようにしましょう。

バナナを冷蔵保存するときのコツ

バナナは熱帯のものですので、冷蔵保存するのは要注意です。
特にスーパーで私たちが手軽に購入できる輸入バナナは、冷蔵するときはちょっとした工夫が必要です。

お好みの味や柔らかさに熟したバナナを冷蔵するようにしましょう。
一本一本新聞紙でくるみ、それをビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。
それでも、低音障害で皮が真っ黒にあることがありますが、中身が白くて綺麗なら美味しく食べられます。

また暑い時期には、冷やしたバナナが美味しいですよね!
冷蔵庫から出してすぐは冷たすぎて甘味を感じづらいことがあるので、少し常温に近づいたころが一番美味しいですよ。

バナナを冷凍してもっと美味しく長持ち

お好みの状態まで熟したバナナがたくさん出て、一度に食べきれない!ということも良くありますんよね。そんな時は冷凍して保存しましょう。

冷凍する場合は、皮をむいて保存します。
バナナの皮をむいて、一本ずつラップでつつみ、保存袋にいれて冷凍します。
また、スムージーやシェイク用などでしたら、一口大に切ってから保存袋に入れ、できるだけ重ならないように冷凍庫に入れて凍らせます。

夏場に冷たいシェイクは美味しいですよね!
一口大の冷凍バナナがあれば、氷を使わなくても冷たくて濃厚で美味しいバナナシェイクが作れます。

まとめ

手軽に食べられて美味しいバナナは、ビタミン、ミネラルといった栄養も豊富!
保存方法を工夫して美味しいバナナを長持ちさせて、
たくさん楽しんでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました