国産バナナって?輸入バナナと何が違うの?どこで買える?

フルーツ

あなたは国産のバナナを食べたことはありますか?
輸入のイメージが強いバナナですが、実は日本国内でもたくさん生産されています。

私は奄美大島や沖縄で育った国産バナナが大好きです!
一度食べたらやみつきになっちゃいました。

国産バナナは輸入バナナと何が違うの? そんな疑問にお答えします。

 

国産バナナの生産地は?

日本がバナナを輸入している量が年間でどれくらいかというと、
年間約104万5千トン(2019年)です。

ものすごい数ですね。

一方で、日本で生産されているバナナの量はどれくらいかというと、
2018年のデータで113.9トンです。

桁が違いすぎて、よく分からなくなりますが、
99.9%が外国産で、国産のシェアは0.01%にも満たないのです。

世界のバナナの生産量のシェアを見てみると、

1位がインド(26.1%)
2位は中国(10.0%)
3位はインドネシア(6.2%) です。

 

ちょっと意外ですね。
バナナといえば、フィリピンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、日本への輸入量の1位はフィリピンで、なんとそのシェアは80%です。
2位はエクアドル(11%) 3位はメキシコ(5%)です。

生産量NO.1のインドからは日本へ輸入されていないんですね。

 

国産バナナの生産量日本一は?

シェア0.01%の貴重な国産バナナですが、国内のどこで作られているのでしょうか?

都道府県別の生産量No,1は、沖縄県です。
そのシェアは75.1%にもなります。
4分の3ほどが沖縄県産なんです。
こちらは予想通りでないでしょうか。

そして生産量の第2位は、鹿児島県です。
鹿児島県の南の方にある離島で多く作られています。

それ以外にも宮崎県などで作られていますが、生産量としてはわずかなようです。

 

輸入バナナとの違いは?

さて、バナナと一口にいっても、本来は様々な種類があります。
生食用で100種以上、全体では300種以上あると言われています。

ですが、私たちがイメージするバナナは、だいたい同じものではないかと思います。

なぜかというと、スーパーで多くみかける輸入バナナは、ほとんどがジャイアント・キャベンディッシュという同じ種類のバナナだからです。

フィリピンからこの品種のバナナが輸入されているため、フィリピンバナナとも呼ばれています。
日本人の多くが、子どもの頃からこのフィリピンバナナを食べていると思います。

では、国産バナナはどうでなのしょうか。

国産バナナは、フィリピンバナナとは品種が違っています。
気候が少し違うので育ちやすい品種が違うのかも知れませんね。

少しですが、国産バナナに多い品種をご紹介します。

・ドワーフ・キャンベンディッシュ(三尺バナナ)

こちらはキャベンディッシュの仲間ですが、少し小さい品種になります。
甘味の中にほんのりと酸味があり、食感もむっちり粘りがあり、食べ応えがあります。

・島バナナ(小笠原種)
沖縄では一般的にこの島バナナが育てられています。
甘味も酸味も強い、しっかりとした味わいです。
小ぶりなため。モンキーバナナと呼ばれることもあります。

甘味の中にほんのりと酸味があり、舌触りがなめらかです。
香りが強いのも特徴です。

・アップルバナナ(ラタンダン)

外見もフィリピンバナナと比べると小ぶりで
皮が薄く、果肉がぎゅっと詰まってて、クリーミーな舌触りです。

ほんのりと林檎のような風味があり、もちもちとした食感です。
原種に近い種類のため、種が入っていることもあります。

その他にも少量で珍しい品種のバナナが育てられているようです。

私は沖縄産のアップルバナナが一番好きです!
もっちりとした食感、ほんのり香るアップルのような香り、
酸味と甘味のバランスが、これまで食べていたバナナとは別物でした。

食べたことない方は、ぜひトライしてみてください!

国産バナナはどこで買える?

そんな貴重な国産バナナはどこで買えるのでしょうか?

まず楽天市場やAmazonで購入することができます。
いくつかのお店が販売しています。

また、オリジナルのネットショップで販売しているところもあります。

最近では、メルカリやラクマ、PayPayフリマといったフリマアプリでも
生産者が直接販売しているところも増えてきました。
農家さんから直接購入できるということで、お店やネットショップで買うよりも安く出ていることも多いです。

沖縄県や鹿児島県に住んでいる方は、直接知り合いから貰えたり、
地元のお店で国産バナナを購入することができると思いますが、
それ以外の地域のかたは、フリマアプルで購入するのがお得かもと私は思います。
楽天ポイントを貯めている方は、楽天店からがお得ですね!

国産バナナ まとめ

いかがでしたか?

国産バナナは生産地以外では入手困難でしたが、最近ではネットショップやフリマアプリで購入することができるようになりました。

食べられるバナナだけでも100種類以上あると言われているバナナです。
いつものバナナだけではなく、国産バナナで違う品種のバナナを試してみてはいかがでしょうか。

私は島のモンキーバナナやアップルバナナを食べてから、
すっかりバナナが大好きになりました!

皆んなにも食べてもらいたくて、
家族やお世話になった人に贈りまくってしまったほどです。

まだ国産バナナを食べたことないって方は、ぜひ食べてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました